社会保険労務士試験

社会保険労務士法人ながたに - 大阪府社会保険労務士会(大阪会)会員

社会保険労務士試験は、毎年1回、厚生労働大臣が行います。

試験日

8月第4日曜日

試験時間

選択式 10:30〜11:50(80分)
択一式 13:10〜16:40(210分)

試験地(平成17年度)

北海道 札幌コンベンションセンター
宮城県 夢メッセみやぎ
群馬県 共愛学園前橋国際大学
共愛学園高等学校
埼玉県 獨協大学
千葉県 千葉商科大学
東京都 早稲田大学西早稲田キャンパス
青山学院大学
成蹊大学
神奈川県 パシフィコ横浜展示ホールD、アネックスホール
石川県 豊穣学園石川医療技術専門学校
メルパルク金沢
静岡県 ツインメッセ静岡南館
愛知県 名城大学
京都府 同志社大学今出川校舎
同志社大学新町校舎
大阪府 大阪工業大学
桃山学院大学
兵庫県 流通科学大学
神戸学院大学
岡山県 岡山商科大学
広島県 広島修道大学
香川県 高松大学
英明高等学校
福岡県 九州産業大学
九州国際大学
熊本県 熊本大学
沖縄県 沖縄都ホテル

受験資格(社会保険労務士法第8条)

  1. 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による大学において学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者又は同法による短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者
  2. 旧高等学校令(大正七年勅令第三百八十九号)による高等学校高等科、旧大学令による(大正七年勅令第三百八十八号)による大学予科又は旧専門学校令(明治三十六年勅令第六十一号)による専門学校を卒業し、又は修了した者
  3. 司法試験第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者
  4. 国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して三年以上になる者
  5. 行政書士となる資格を有する者
  6. 社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人(第二十五条の六に規定する社会保険労務士法人をいう。次章から第四章までにおいて同じ。)又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助の事務に従事した期間が通算して三年以上になる者
  7. 労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事した期間が通算して三年以上になる者又は会社その他の法人(法人でない社団または財団を含む。)(労働組合を除く。次号において「法人等」という。)の役員として労務を担当した期間が通算して三年以上になる者
  8. 労働組合の職員又は法人等若しくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する厚生労働省令で定める事務に従事した期間が通算して三年以上になる者
  9. 厚生労働大臣が前各号に掲げる者と同等以上の知識及び能力を有すると認める者

試験科目(社会保険労務士法第9条)

  1. 労働基準法及び労働安全衛生法
  2. 労働者災害補償保険法
  3. 雇用保険法
  4. 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  5. 健康保険法
  6. 厚生年金保険法
  7. 国民年金法
  8. 労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識